ページTOPへ

 

所  在  地 電 話 番 号 予約有無 お勧め度
岐阜県高山市朝日町24 高山まちなか屋台村 でこなる横丁 ☎090-8155-5286 予約が無難
営業時間(昼) 営業時間(夜) 席  数 定 休 日 接客・サービス 応  対
閉店 18:30~24:00 カウンター8席 木曜日 悪くはないが人手不足か 気配り良し、話術良し
味と素材 握りの味付け 醤油差し 清 潔 感 創意工夫と拘り 握りのみの価格目安
手抜きが無く旨い 煮切醬油を刷毛塗りで供す 無し 狭いが綺麗にされている 随所に見てとれる 12貫 3,000円
親方又は大将の経歴と姿勢
   大将は大阪・名古屋や神戸のホテル内の鮨屋で修行、それ故に純然たる江戸前とは言えないネタの締める仕事は塩が主であると仰っていた

初訪問:2018年1月7日(土)Dinner
   高山市朝日町の「高山まちなか屋台村 でこなる横丁」内の一角にこの鮨店は所在する、でこなる横丁にはラーメン店・焼き鳥店・餃子専門店等々と変り種としては射的場・手裏剣道場もあり、合わせて16店舗が連なっている屋台村である、その屋台村の中にこの鮨店があり、HPの写真を見る限り江戸前を踏襲しているように見え江戸前鮨好きとしては何時の日か訪れようと機会を待っていたが横丁内の店舗は全て夜のみの営業のため訪れる機会がなかなか無かった、今回お伊勢参りの帰路にようやく寄ることが出来ました、、入店後大将と話して見ると人柄は気さくでとても取っ付き易く、話し上手で好感が持てた、ネタの仕入先は金沢や富山の市場から中卸に送ってもらっているとの事、さて握りの評価に移ります、握りは「おまかせにぎりプレミアム3,500円」を注文しました。
まず新湊産ズワイガニ(タグ付)の小鉢(流石に美味い、今日生蟹を茹でて供しているとの事)
1貫目.イクラ軍艦(塩味で)
2貫目.鯛の昆布〆
3貫目.烏賊
4貫目.タイラ貝(この鮨ネタはとても珍しいし初めて食した)塩と酢橘で
5貫目.中トロ
6貫目.カルフォルニア産車海老(国産にもひけはとらない)
7貫目.鯵
8貫目.馬糞雲丹
9貫目.鰤(熟成度抜群)
10貫目.煮穴子(煮詰めが美味かった)
味噌汁
11貫目.卵(江戸前風で最高に好きだ)
12貫目.トロと沢庵の手巻き
最後に正月らしく煮た黒豆(デザート代わり)
拡大された写真左上の Expand ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。
photo photo
でこなる横丁外観 モンテフェリスの外観 開店直後ゆえ、雑然とするつけ場
     
photo photo photo
握りのお品書き 営業案内と飲み物お品書き 本ずわい蟹
     
photo photo photo
イクラ軍艦 鯛の昆布〆 烏賊
     
photo photo
タイラ貝の貝柱 タイラ貝の殻 中トロ
     
photo photo photo
カルフォルニア産車海老 雲丹
     
photo photo photo
穴子
     
photo
味噌汁 トロと沢庵の手巻き 黒豆