ページTOPへ

 

所  在  地 電 話 番 号 予約の有無 お勧め度
新潟県長岡市福住3-3-5 ☎︎0258-33-0505 ランチは予約のみ
営業時間(昼) お営業時間(夜) 席  数 定 休 日 接客・サービス 応  対
12:00~14:00 17:00~23:00 カウンター8席、他部屋席有 月曜日 お客を観察していて即対応 大将は話好きで話し上手
味と素材 握りの味付け 醤油差し 清 潔 感 創意工夫と拘り お任せ握りの価格
手抜きが無く旨いが 煮切醬油を刷毛塗りで供す カウンター上に有り 古い建物だが綺麗 仕事を感じる、飾包丁も 12貫 7,000円
親方又は大将の経歴と姿勢
大将は東京築地そして大阪で修業したとの事、大将曰く故に「純然たる江戸前の鮨ではないとお思いますよ」と仰ってました。

初訪問:2018年4月21日(土)Lunch

   家内がチューリップを鑑賞したいと言いだし、近場でと行ってたがどうせならドライブを兼ねて遠出をして見たくなり探すと新潟県長岡市に「国営越後丘陵公園」にチューリップ園があるらしいとネットで情報ゲット、そこで食べログで長岡市で寿司屋を検索し好みに合いそうなこの店を訪問することにしました、前日の午後9時に電話すると予約が取れました、そして開店5分後の12時5分に到着、だが暖簾もかかってないし準備中の看板が出ていた、あれっと思いながらドアを開けると大将がつけ場から「いらっしゃい」と迎えてくれた、カウンターには僕たち二人分の席が用意されているだけ、お客は僕たちだけかなと一瞬頭をかすめる、後で大将との会話で準備中の看板が営業中に変わらない理由とお客が僕達のみの理由も解明された、店内はカウンター8席、個室(何名収容出来るか不明)もある、注文はお決まりとか盛り合わせとかありますかと問うと「お任せのみです」と僕もそれをお願いした、以下がその「お任せ」の内容である。
1貫目.大トロ、2貫目.鮪漬け、3貫目.鮃(朝獲れ)、4貫目.鮃のエンガワ、5貫目.北海道産の雲丹、6貫目.小肌、7貫目.とり貝、8貫目.ズワイガニ(前日に茹でたもの)、9貫目.鉄火巻き、10貫目.カッパ巻、ここまでがお任せ握りである。
追加で 家内が大トロと玉子、僕は玉子を注文して食したところでほぼ満腹になり、会計(14000円/2名)をお願いして店を後にしました。
追伸
   親方は築地と大阪で修行したとの事、とっても話好きで話し上手で美味しいランチをいただきました、それと昼は予約のみでランチメニューも無いとの事、故に夜のオープン時間までは準備中の看板を下げっぱなしとの事でした。

拡大された写真左上の Expand ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。
外観 店頭の行灯看板 玄関
     
photo photo photo
?、準備中の看板が、? つけ場後の棚にはオスプレーの模型が ネタケース仕込み中で揃っていない
     
photo
食事が終わる頃にネタがそろいました 左から雲丹、鮃、鮪 鮪、真ん中が大トロ
     
photo
テーブルアイテム 「ガリ」 1貫目「大トロ」
     
photo photo photo
2貫目「鮪漬け」 3貫目「鮃」 4貫目「鮃のエンガワ」
     
photo photo
味噌汁 5貫目「雲丹」 6貫目「小肌」
     
photo photo photo
7貫目「とり貝」 8貫目「ズワイガニ」 9貫目「河童巻き」
     
photo photo photo
10貫目「鉄火巻」 追加の「玉子」 びっくりした「大鮑」こんなん見た事無い