ページTOPへ

 

所  在  地 電 話 番 号 予約有無 お勧め度
三重県伊勢市宇治中之切町47 おかげ横丁 ☎050-5590-0840 した方が良い
営業時間(昼) 営業時間(夜) 席  数 定 休 日 接客・サービス 応  対
11:00~22:00通し(水曜は17:00迄) カウンター11席、部屋席50席 年中無休 お茶の替え時や案内も良い 組織としての教育を感じる
味と素材 握りの味付け 醤油差し 清 潔 感 創意工夫と拘り 握りのみの価格目安
伊勢湾が主であるとの事 煮切醤油を刷毛塗りで供す 有り とても綺麗で居心地が良い 概ね良いと感じた 11貫 5,000円
親方又は大将の経歴と姿勢
   職人は全員雇用人のようである、接客に関しては全職員良く教育されていた、当然のことである、年間800万人以上訪れる観光地である

初訪問:2018年1月6日(土)Dinner

   お伊勢参り後、鮨三昧まず1件目は伊勢神宮参道沿いのおかげ横丁にある当店で始めました、おはらい町・おかげ横丁の店舗は営業時間が17時で終わる店舗が多い中でこの鮨屋は22時まで開いていて遅い夕食も可能です、 この店は地の物と名古屋の市場で仕入れたりしている、築地からの取り寄せは無し、お任せ握りを注文すると自家製のガリを出してくれる、寿司中心コースには市販のガリが出される、自家製ガリは入荷も少なく高額で貴重故にお任せ握りのみとしているらしい。 僕はお任せで10貫お願いした。
最初にワタリガニが出されたそして握りは以下の通りである。
1貫目.メジマグロ(富山ではサス)
2貫目.鰯(イワシ、そこそこ脂がのって旨かった)
3貫目.金目鯛(それほどでも無かった)
4貫目.伊勢産ウチワエビ(初食、こんなもんかな程度の感想)
5貫目.ノドグロ(金沢や富山で食べたほうが上手いような気がする)
6貫目.中トロ(コメント出来ない程普通)
7貫目.サヨリ(やはり北陸で食べたほうが感動する)
8貫目.車海老(北陸の寿司屋では出されることが少ない、北陸では海老といえば甘海老)
9貫目.黒ムツ(特に感想は無し)
10貫目.松坂牛(僕的に肉の握り鮨は外道以外の何物でもない)
11貫目.穴子(塩は写真を撮り忘れた、煮詰め(写真))
最後に味噌汁
僕は追加で店名入りの卵をお願いした。
以下は家内の内容は僕と同じ内容の握り8貫と以下の料理が供された。
僕と同じワタリガニ
1.鯵のタタキ、2.金目鯛の煮付け、3.真珠貝の貝柱のかき揚げ
会計は2名で11,800円(ビール小ジョッキ1杯含む)

拡大された写真左上の Expand ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。
photo
伊勢地方の建築様式の外観 正面外観 暖簾と入口
     
外のお品書き カウンター席 ネタケースとカウンター
     
photo photo
ネタケースその1 ネタケースその2 お正月の飾り
     
カウンター席とつけ場をパノラマ撮影
     
photo photo photo
お品書きその1 お品書きその2 本日のおすすめお品書き
     
photo photo photo
一品料理のお品書き 三重の地酒 渡り蟹
     
photo photo
渡り蟹Up メジマグロ
     
photo photo photo
金目鯛 伊瀬産ウチワ海老 ノドグロ
     
photo photo photo
中トロ 細魚 車海老
     
photo photo photo
黒ムツ炙り 松坂牛 店名入り卵
     
photo photo
卵を別角度から 穴子 鯵のタタキ
     
photo photo photo
握り一通り 金目鯛の兜煮 真珠貝貝柱の掻き揚げ
     
photo
市販のガリ 味噌汁 お会計